セラミドって何?どんな働きをするの?

セラミドの働き

化粧品売り場でよくセラミドという成分を目にしますが、セラミドとは一体どんな働きをするのでしょうか?

セラミドの性質や働きについて、詳しく見てみましょう。

セラミドは水分を抱え込む

セラミドはもともと肌の一番外側の角質層にある成分です。肌細胞の間に詰まっている細胞間脂質に含まれていて、水分を抱え込む性質を持つ物質なんですね。

セラミドのほか天然保湿因子という物質も細胞間脂質の間に詰まっており、両方で水分を抱え込んで肌の潤いを守っています。

肌のバリア機能のために大切な成分

肌にとって潤いとは見た目の美しさを保つだけでなく、肌を守るために必要なものでもあるんです。

まず肌の潤いを逃さないよう、角質層の表面には皮脂と汗が混じりあった膜が張られていて肌を保護しています。これが第一のバリアですね。

さらにセラミドや天然保湿因子が水分を抱え込み膨らむ事で、外部刺激が入り込めない潤いが詰まった角質層を作り上げます。これが第二のバリアですね。

この二つが揃うと肌のバリア機能が働き、外部刺激による肌荒れやニキビなどを寄せ付けなくなります。荒れ知らずのきめ細やかな美肌になるんですね。

このメカニズムのとおり化粧品で油分やセラミドを補って保湿してあげると、肌のバリア機能を回復させてあげる事ができるんです。

セラミドが配合された化粧水はどれがいい? → おすすめの敏感肌向け化粧水

肌のバリア機能復活が敏感肌を改善する

敏感肌やアレルギー、アトピー性皮膚炎などの原因に、肌が乾燥して肌細胞・天然保湿因子・細胞間脂質がカラカラになってしまい、その隙間から外部刺激が入り込み炎症を起こしてしまうという事があります。

ホコリや花粉など、本来害が無いような物質でも炎症を起こしてしまい、肌荒れにつながるのが敏感肌やアレルギーの厄介なところです。

しかし、セラミドを補給する事で肌がしっかり保水されてバリア機能が高い肌になれば、外部刺激が入り込む隙が無くなり敏感肌も改善するんですね。

今まで敏感肌のせいで何をつけても荒れてしまったという人も、セラミド入りの保湿化粧品は試してみる価値があるでしょう。

セラミド配合化粧品は保湿クリームが良い

セラミドの特徴として、水ではなく油に溶けるという性質があります。

肌荒れや乾燥に悩んでいるのでセラミド入り化粧品でケアしたいという人は、油分が豊富な保湿クリームでセラミドを補給するといいでしょう。

保湿クリームは化粧水、乳液よりも油分が多く、セラミドを配合しやすいんですね。同じセラミドでも、より効果が高いヒト型セラミドを選ぶのがオススメです。

セラミドの力で肌のバリア機能を復活させて、荒れ知らずの美肌を目指しましょう。