敏感肌のスキンケアで気をつけるべき点

敏感肌の人にとって、スキンケアはさまざまなことに気をつける必要があります。

敏感肌の人のスキンケア方法としては、まずは洗顔がポイントです。特に、クレンジング剤は肌への刺激が強いものが多いので、選ぶ際には注意しましょう。

拭き取りタイプのものは肌を擦ってしまうので、あまり使用しない方が良いとされます。

刺激が少ないのは、クリームや乳液、水性ジェルタイプのクレンジング剤です。出来るだけ肌になじみやすく、洗い流しやすいタイプのものが最適です。

ほかにも、界面活性剤が使用されていないものや、自然由来の活性剤を使用しているものなども肌にやさしいとされています。

洗顔をする際にも、肌をこすらないことが大切です。熱いお湯も肌に刺激を与える原因となるので、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

また、洗顔フォームなどを使うときにはしっかりと泡立てて、顔を包み込むようにして洗うとあまり肌に刺激を与えずに済みます。

きちんと顔を洗いたい、と思って長い時間顔を洗ったり、何度も洗顔する人もいますが、それにより必要な皮脂などが落ちてしまい、肌を乾燥させてしまう原因となります。

顔を洗うときは短時間で、一日に二回程度でも十分と言われています。敏感肌の人にとって、洗顔のあとの保湿も重要です。

肌が乾燥していたり、荒れている状態というのは肌のバリア機能が弱かったり、衰えている証拠です。このバリア機能を保護するためには、化粧水などが重要な役割を果たしてくれます。

肌がしみたり赤くなった場合は化粧水の使用を一時中断するべき

化粧水を使ったときに、肌がしみたり、ピリピリする、赤くなるといった症状が出た場合には使用は控えましょう。

化粧水はしみることも多いため、代わりに刺激の少ないクリームなどを使ったり、ジェルなども場合によっては効果的だと言えます。

近年では、敏感肌用のスキンケア商品もたくさん開発され、販売されています。ただ、肌に合うかどうかは人それぞれなので、使用する前はパッチテストを行なったり、試供品などで試してみてから購入することが大切です。

肌はその人個人の体質もありますが、ストレスや環境によっても影響を与えることがあります。そのため、食生活やストレスを溜めていないか、といった点にも気を使いましょう。

敏感肌の人はほかの人よりも肌に対して気を使う人が多いですが、重要なのは自分の肌に合うスキンケアの方法を探すことです。そのため、根気強く自分の肌に合ったスキンケア商品などを探すことが最も大切だとも言えます。