敏感肌の美白やUVケアの注意点

敏感肌の人がUVケアを行う場合、まずは物理的に紫外線をカットすることを考えなければなりません。

UVカット機能を持つ化粧品もたくさん売られていますが、中には皮膚に刺激を与えるものもありますので使用することで影響が現れる可能性もあります。

その点では、物理的なカットを行うこと自体は肌にダメージを与えることがありませんので、積極的に取り入れるべきです。

帽子をかぶる場合にはつばの大きなものを選び、大きな範囲をカバーするようにします。できれば日傘のように体をすっぽりと覆うタイプが効果的であり、大きな効果があります。

日傘でも、紫外線をどれだけカットしてくれるかによって効果が異なりますので、まずはUVカット率を確認してみます。

意外と知られていないのが日傘の効果がずっと続くわけではないという点であり、一度購入すればずっと使えると思っている人も少なくありません。

日傘はできれば2~3年おきに買い替えた方が効果的であり、長い間使用している場合には既に正しい効果が得られなくなっている可能性もあります。

こうした物理的なカットにはデメリットがありませんので、皮膚の弱い人でも安心して取り入れることができます。帽子や日傘の場合は目から入る紫外線の量も防ぐことができますので、より効果的な対策になります。

化粧品で紫外線対策をする場合は?

UVカット機能を持つ化粧品で対策を行う場合、やはり皮膚に優しい紫外線吸収剤の使われていないものが理想です。

また、SPF値はそれほど高いものでなくても大丈夫なケースも多いので、用途によって使い分けます。

街中を歩く程度ならSPF30程度でも十分な場合がありますし、こまめに塗り直すことで効果をアップさせることが可能です。

中には美白成分が含まれている化粧品もありますが、やはり本格的な美白を行いたいならメイクを落とした後に美白ケアを行うべきです。

敏感肌の人におすすめなのはビタミンC誘導体であり、肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンと似たような効果が得られます。

効果自体は似ていますが、作用はそれほど強くありませんので、日常使いにしても問題ありません。

詳しく作用を見ていくと、肌中で生成されたメラニン色素を排出する働きと、肌中で新たなメラニン色素が作られないようにする働きの両方を兼ね備えています。

美白化粧品にはどちらかの働きしか得られないものが多いのですが、ビタミンC誘導体ならこの成分一つで改善にも予防にもなりますので便利です。