自分の肌質を正しく認識していますか?

季節の変わり目やその日の体調によって、お肌の状態は変化しがちです。ですので、状況にあったスキンケアを本来はしなければなりません。

ただ、その前に重要なのは、自分の肌質を正しく理解することです。

あなたは自分の肌質を正しく認識していますか?

脂性肌の特徴

まず脂性肌は、皮脂分泌が過多気味な状態です。

お肌を健やかに保つには、自分の皮脂も大切なのですがこの皮脂が多い状態ですと毛穴が詰まり、ニキビになりやすかったり、お化粧くずれしやすくなってしまうので困りものです。

お肌の表面はテカるほど脂っぽいのに、内側が乾燥しているインナードライ肌に転じることもあるので脂性肌でもさっぱり系お化粧水で保湿をし、皮脂をコントロールできるコスメを使用しましょう。

混合肌の特徴

混合肌は部分的に乾燥するところと、脂っぽいところがあるのでお手入れにも気遣いましょう。

主におでこや鼻付近のTゾーンがテカりやすく、頬や目元は乾燥しがちの方が多いです。

季節の変わり目に変化についていけず、お肌のコントロールが難しいです。

混合肌だとどのスキンケアをしたら良いか迷いがちですが、基本はやっぱり保湿が大事です。

ベタつきがちなTゾーンにも保湿をしてあげないと余計皮脂が出てしまいますので、Tゾーンには脂性肌と同様のお手入れをし、乾燥しがちな目元や頬には保湿力の高いものを使いましょう。

脂っぽいTゾーンには、強力なあぶらとり紙ですとまた皮脂が出てしまいがちですので、肌当たりの良いティッシュやタオルで優しく抑えるなど、臨機応変に対応しましょう。

敏感肌の特徴

敏感肌というのは、ストレスや外部刺激によってお肌のバリア状態が低下して、お肌の赤みやかゆみ等の肌荒れ症状が出てしまう状態のことです。

季節性のものでは、花粉症の症状を起こしているときにお肌のほうも過敏に反応してしまう時もあります。

今まで使ったことのない、新しいコスメを試した時などでも症状が出る方もいますので、その点にも注意しましょう。

刺激が少ない成分の敏感肌用のスキンケア化粧品も数多く市販されていますので、それらを試してみるのも良いでしょう。

食生活の見直しも肌トラブルを軽減させるのに必要

脂性肌、混合肌、敏感肌、いずれの肌質の方も、食生活には気をつけるようにしましょう。

お肌につける化粧品も大事ですが、体の内部からお肌の状態を整えることも大切です。

炭水化物や脂質が多く含まれている偏った食事はなるべく避け、お酒やカフェインなどの嗜好品もできるだけ控えるようにしてください。

キンキンに冷えた飲み物なども体を冷やすので、なるべく常温で摂るようにします。

生野菜、温野菜、発酵食品などを上手に取り入れて、バランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。

自分のお肌の状態を良く観察して、体調や季節に合った肌のケアをして健やかに保つようにしてくださいね。